スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物用スマートタグ

情報元
Watch: Smart Tags Alert You to Rotten Food

食べ物を腐らせてしまった経験は皆さんも一度はあるかと思います。悪臭がしていやですね。今回中国のグループが時間と温度によって変化するnanorodというものを開発しました。このnanorodは新しいものなら赤いのですが、時間と温度によってオレンジ、黄色と変化していき、最終的には緑になるというものです。これはバクテリアの成長に合わせて作っており、明けなくても色でバクテリアの量がわかり、食べれるレベルかどうかを判別できるというもののようです。これを開発したのが中国というのがおもしろい。やっぱり中国に住んでいる人も中国産の食品を信用していないのか?



元の論文
Time–Temperature Indicator for Perishable Products Based on Kinetically Programmable Ag Overgrowth on Au Nanorods
ACS Nano, 2013, 7 (5), pp 4561–4568
スポンサーサイト

睡眠不足でバカになる

情報元
Sleep Loss May Cause Permanent Brain Damage

長期間睡眠不足が続くと脳の細胞がダメージをうけて減っていきます。物理的なダメージじゃなくても減ってしまい、しかも後々ちゃんと睡眠を取らせても元通りにはならなかったとか。
今回は脳の青斑核という、ストレスに応答する部位に注目して実験をしました。通常、SirT3というタンパク質が抗酸化応答を制御しているのですが、睡眠不足が続いたマウスではSirT3が発現しなくなり、結果としてアポトーシスが増えて脳の細胞が減ってしまうということだそうです。

寝ないことがかっこいいと思っている思春期のキミ!ちゃんと寝たほうが良いよ。
睡眠不足

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

in situ RNA-seq

今回の論文
Highly Multiplexed Subcellular RNA Sequencing in Situ.
Lee JH, Daugharthy ER, Scheiman J, Kalhor R, Yang JL, Ferrante TC, Terry R, Jeanty SS, Li C, Amamoto R, Peters DT, Turczyk BM, Marblestone AH, Inverso SA, Bernard A, Mali P, Rios X, Aach J, Church GM.
Science. 2014 Feb 27


簡単に言うと
細胞内でRNAのシーケンシングをすることに成功しましたという話。

背景として、
RNAはタンパク質を作るための仲介産物であるとともに、スプライシングバリアントで遺伝子の多様性を高めたり、ncRNAはそのまま機能的に働いたり、重要な役割があります。そのため、どの程度あるかだけでなく、細胞内のどこにあるかという情報も非常に重要になります。これまでにもin situ hybridizationという方法で空間的な分布は調べられてきましたが、一度に調べられるのは数個の遺伝子が限界です。今回、これを克服するためにFISSEQ(fluorescent in situ RNA sequencing)という方法を開発しました。この方法はrolling circle amplification (RCA)という方法を使用しています。 RCAは環状になったDNAに、phi29という鎖置換作用のあるDNAポリメラーゼを使うことで、等温でDNAを増幅し続ける方法です。この方法を傷を受けて修復中の皮膚の細胞やハエの胚に対して行っており、同時に大量のRNAの位置と量を同時に調べることができました。

具体的には、
基本的にはおもに方法論の論文なので、方法について詳しく説明する。まずは細胞を固定後ペプシンでたんぱく質を除去し、、ランダムプライマーでRNAの逆転写を行う。この時にアミノアリルdUTPを取り込ませる。BS(PEG)9でアミノアリルdUTPどうしをクロスリンクさせ、その後RNase処理、ligase処理で環状cDNAにする。強いシグナルを得るために、phi29とRCA用プライマーにより、環状cDNAを増幅させる。あとはSOLiDと同じようにライゲーション、画像の取り込み、不要な部位の削除を繰り返していく。
ただ、たくさんの細胞について調べるために広視野で撮影すると、粒子一個一個を判別できなくなってしまうので、partition sequencingという方法を用いている(いまいちよくわからない)。
RNA-seqと比較すると相関係数は0.5-0.7程度。

個人的には、
読んでて難しいと感じた。普段SOLiDは使わないし、原理に関しても忘れてた部分もあった。でもこの実験手法はすごいと思う。装置を作るのも大変だろうし、簡単にはまねできないだろうけど。クロマチンにくっつくncRNAでもシーケンスできるのか?Xistみたいなのは近い距離にたくさん密集してるだろうし、定量は難しいかもね。ただでさえRNA-Seqとの相関はあまり高くないし。でも恐るべしWyss instituteだな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。