スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑くなるともこみちが儲かる

情報元
ScienceShot: More Olives in a Warming World

風がふくと桶屋がもうかるなんて言葉があるように、一見関係のない事象が思わぬ形で影響を与えることがあります。今回は地球温暖化が与える影響の話です。

原因に関してはいろいろ言われていますが、地球は温暖化が進んでおり、海面も年々上昇しています。これは深刻な問題で、温暖化が生態系に与える影響を調べている科学者たちがいます。今回、地球の温度が上がることでオリーブの生産量が上がるだろうという予測が発表されました。オリーブの木にとってオリーブミバエ(学名:Bactrocera oleae)が主な害虫なのですが、仮に1.8度平均温度が上がると、オリーブミバエにとって適した環境にならなくなってしまうそうです。それに対してオリーブの木は温度上昇に比較的強く、結果として収量にして4.1%、利益にして9.6%あがるという計算になるそうです。地域別にみると、現在オリーブの約97%は地中海盆地とよばれるエリアで作られており、北アフリカ周辺は軒並み収量が上昇する一方で、地中海の東側のエリアでは収量が下がるそうです。

オリーブの収量が上がれば、オリーブオイルの生産が増え、良質なオリーブオイルが安く手に入るでしょう。オリーブオイルのヘビーユーザーである速水もこみちさんも大喜びです。そして一般家庭でのオリーブオイルの消費が増え、もこみちさんのMOCO’Sキッチンも大盛況し、結果、もこみちさんにお金がっぽりはいるかもしれません。今後、一見関係のない事象が思わぬ形で影響を与えることを暑くなるともこみちが儲かる」と呼んでも良いかもしれません。

オリーブオイル
(オリーブオイルがもこみちをフライパンに入れているところ)



元の論文
Fine-scale ecological and economic assessment of climate change on olive in the Mediterranean Basin reveals winners and losers
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。