スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中顔がすべて。病気だって顔見れば分かる。

情報元
Photos of faces reveal rare disorders

以前「世の中顔がすべて。知能だって顔見ればわかる。」という記事を書いたことがありますが、今回は顔を見ればレアな遺伝病を特定できるという内容です。

遺伝子(染色体)異常があると特徴的な顔立ちになることは良くあることです。例えば比較的身近な例ではダウン症の人は特徴的な顔立ちになることは皆さんも知っていると思います。でもダウン症患者でも一見して分からない場合もあり、健常者との違いが少ない病も少なくありません。そういった場合、ベテランの医師でも簡単には見抜けません。そこで、さまざまな遺伝病をもった患者の顔写真をスキャンし、機械学習アルゴリズムによって顔写真からどんな遺伝病を持っているか調べるプログラムを作ったそうです。

Faces.jpg
画像は情報元の記事より。遺伝病ごとの顔立ちの違い見抜けますか?

元の論文
Diagnostically relevant facial gestalt information from ordinary photos
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。