スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走れば弱視は治る?

元の論文
Running cures blind mice

五個ある感覚の中で、人間は視覚をもっとも頼りにしています。目が見えるようになるためには目そのものや目の神経だけでなく、脳の視覚野が発達している必要があります。実は発生初期に両目から刺激を受けたときだけ視覚野が発達し、例えばまぶたがたれていて片方だけしか刺激を受けなかった場合、ほとんど何も見えない弱視という病気になってしまいます。近年、様々な研究からランニングをすると脳の可塑性があがるという報告がたくさん出てきました。可塑性とは、脳の機能的あるいは構造的な変化をおきる性質のこと。例えば脳のネットワークが変化することも可塑性と呼ばれます。今回、筆者らはそれならば運動することで視覚野も可塑性が上がるのではないかと考えたそうです。

実験には生まれてからずっと片目だけで生活させ、弱視になったマウスを使いました。このマウスを普通に育てたグループと視覚野を刺激する映像+ランニングのグループに分け、脳の活性を調べました。すると、映像+ランニングのグループは2週間程度で正常なマウス並みの視覚野の応答性が見られました。一方で特に何もしなかったほうは、視覚野の応答性の回復がもっとゆっくりしたものでした。ただし、映像のみあるいはランニングのみではあまり効果がありませんでした。さらに運動中に見せる映像をただのノイズと、棒がただ横に(下かも知れません)ながれていくだけの2種類に変えると、ノイズをみせたマウスはノイズの映像だけに反応し、棒の映像を見せたマウスなら棒の映像だけに反応しており、ランニングしているときにみた映像にだけ反応するようになりました。

今回の研究では少なくともマウスにとっては走っているときに何を見ているかが重要であることが分かりました。人の場合どうかはまだ不明です。しかし、今回の研究が示唆していることは運動中にどんな刺激を受けるかが重要であるということです。もしかしたら音楽を聴きながら走ればその音に反応するようになり、飴などを走りながらなめればその味に対する反応性が変わる可能性があります。これからは走るときは自分に役立ちそうな刺激を与えながらだと良いのかもしれません。

元の論文
Sensory experience during locomotion promotes recovery of function in adult visual cortex
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。