スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Natureが選ぶ今年の10人

早いもので今年ももう終わりですね。
先日Nature誌が選んだ今年の科学者10人が発表されました。今日はこの人たちを簡単にですが紹介したいと思います。

ANDREA ACCOMAZZO (European Space Agency)
この人は彗星探査機ロゼッタの責任者。ロゼッタは今年8月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着しました。要するにイトカワへ行ったはやぶさみたいなものです。

SUZANNE TOPALIAN (Johns Hopkins)
この人はがんの免疫療法の臨床実験を実施した人。ガン免疫療法とはガンを薬でやっつけるのではなく、自分の免疫力で退治させる方法。方法はいくつかあるのですが、今回のはT細胞のブレーキであるPD-1というタンパク質の働きを阻害するというもの。日本ではニボルマブという抗体(抗PD-1抗体)が悪性黒色腫の治療薬として製造販売が承認されましたが、主にこの人の結果をもとに承認が下りました。その後アメリカのFDAも別の抗PD-1抗体をされました。ガンは先進国で死因のトップであり、今後免疫療法は大きな市場になると期待されています。ちなみにPD-1というタンパク質は京大の本庶先生という方が発見しました。

RADHIKA NAGPAL (Harvard University)
大量のロボットをコントロールするシステムを開発した人。アリやハチなど、中心となるリーダー無しに集団行動をする生物を参考に作られました。自己組織化によって個々が動くことでkilobotと名づけられた小さロボットが様々な形を作り出すことに成功しました。もしかしたら将来ロボット同士がコミュニケーションをとりながら存在する、そんな未来を感じさせてくれます。

SHEIK HUMARR KHAN (医師)
エボラウイルスと闘った医師。今年の大流行したエボラ出血熱に対し、最前線で戦い、そして亡くなった人です。エボラウイルスのDNA配列を解読もしました。個人的にはノーベル平和賞ものじゃないかと思います。

DAVID SPERGEL(Princeton University)
宇宙誕生の際、ビッグバン直後に急速に宇宙が進化したと考えられており、その理論をインフレーション理論といいます。その証拠となりうるものに重力波という相対論で予期される波があるのですが、これを観測できたという報道がハーバード大のJohn Kovacという人から出てきました。ノーベル賞級の発見だと話題になりましたが、このDAVID SPERGELという人は、その発見はアーティファクトであるとの考えを示し、話題になりました。結局John KovacはSpergenを納得させることが出来ておらず、今後の進展が待たれるところです。

MARYAM MIRZAKHANI(Stanford Univrsity)
「リーマン面とそのモジュライ空間の力学と幾何学に関する顕著な業績」を理由にフィールズ賞を受賞した人。フィールズ賞は数学のノーベル賞とも呼ばれるもので、女性受賞者は初。申し訳ないけど研究内容は難しすぎて私には理解できていません。

PETE FRATES
今年話題になったアイスバケツチャレンジの発案者(の一人)。PETEはもともと大学の野球選手でしたが、2012年にALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されました。その後、ALSの啓発のためにアイスバケツチャレンジを始めたそうです。

KOPPILLIL RADHAKRISHNAN(Indian Space Research Organisation)
火星探査機Mangalyaan(非公式な名称)を火星に到達させた人。アジアの国でははじめて火星へ探査機を到達させ、インド科学界の隆盛を感じさせてくれました。

MASAYO TAKAHASHI(理研CDB)
iPS細胞による再生医療を実施。加齢黄斑変性患者へのiPS由来の網膜細胞移植手術を行いました。世界初の臨床研究です。STAP細胞騒動にゆれる中、日本の科学に希望の光を照らしたのではないかと思います。


SJORS SCHERES(MRC Laboratory of Molecular Biology)
RELIONというソフトウエアを作った人。RELIONはクライオ電子顕微鏡による3次元イメージの再構築を行うもの。これまでのものでは再構築した画像が初期値の微妙なずれで大きく変化してしまうという問題があったのですが、これを克服し、今年リボソームの構造を解明しました。リボソームは複数のタンパク質やRNAからなる複合体で、X線構造解析やNMRによる構造解明の難しいものでした。その点、クライオEMはその問題が無いので、構造生物学にとって大きなターニングポイントになりそうです。

他に、来年の注目の人として
1)環境改善へ向けて大きく歩き出すと考えられる、中国の環境省のトップ、Xie Zhenhua
2)NASAの冥王星探査機ホライゾンの責任者Alan Stern
3)エボラと戦っているMédecins Sans Frontièresの国際理事Joanne Liu
4)ヨーロッパの核融合エネルギーの実現性を研究するための実験施設 であるITERのBernard Bigot
5)マイクロソフトの創業者の一人、ポールアレンの出資により作られたAllen brain instituteがAllen Institute for Cell Scienceとなり、そこのトップとなったRick Horwitz
を挙げています。詳しくは情報元の記事で。

情報元
365 days: Nature's 10
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。