スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3 minutes to midnight

今回は論文ではありませんが、小ネタをひとつ。

イギリスにiron maidenというの有名なロック・メタルバンドがいます。その代表曲の一つに2 minutes to midnightというものがあります。そして、現在、世界は3 minutes to midnightの状態にあるという情報が入ってきました。

何の話かというと、世界終末時計(Doomsday clock)の話です。核兵器や環境汚染などにより人類の滅亡(自滅?)を午前零時になぞらえ、その終末までの残り時間を「零時まであと何分」という形で象徴的に示す時計です。(wikipediaより)終末時計は仮想的なものであり、世界が安全になったと判断されれば時計は戻るし、危険な状態になったと判断されれば針が進みます。判断はBulletin of the Atomic Scientistsという組織が行っており、これまでは世界の終わりまであと5分だったのですが、2分進めるという判断がくだり、後3分となりました。針を進めた理由にはおもに環境と核兵器の2つがあります。気候変動は既に変化がおき始めているにもかかわらず、いつまでにどうするかという部分が不十分であるためとしています。核兵器に関しては、核軍備競争が進んでいることを懸念してとのことです。

これまでに滅亡に近づいたのは米ソが水爆の実験に成功したころで、滅亡まであと2分という状態でした。(アイアン・メイデンの2 minutes to midnightはこの時の世界終末時計のことを歌っています)。逆にもっとも滅亡から遠いときはソ連が崩壊したころで、17分でした。環境問題ももちろん、今はISISなどをはじめ、戦争をしている国や地域はたくさんあり、核が使われるリスクが高まっています。なんとかして時計の針を戻していきたいものです。


(アイアン・メイデンのアルバムpower slaveの中の一曲、2 minutes to midnight)
Doomsday clock (世界終末時計)
世界終末時計の針を戻そうという組織のturnbacktheclock.org
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。