スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近視の本当の原因は?

今回は論文ではなく、Natureのニュースサイトですが、興味深い内容なので簡単に紹介します。

突然ですが、皆さんの視力は良いほうですか?世界中で近眼の人は増えていて、特にアジアでは多く、中国や韓国の一部地域では90%以上が近眼なんていうケースがあるそうです。従来、近眼の原因として、本を顔の近くに持ってきて読むとか、テレビやゲームのやり過ぎが挙げられてきました。しかし、実は近眼の本当の原因はこういったものではなく、単純に外で過ごす時間が少ないからではないかということを示唆する結果が出てきました。

近眼のメカニズムを簡単にすると、基本的には光が網膜よりも前で集光してしまうものです。これは眼球が少し伸びてしまうことによって起きます。生まれてから20歳くらいまでは眼球のサイズが大きくなる時期でもあるため、この時期に近眼になるケースがほとんどです。

原因については不明確で、遺伝的な要因もあります。他にも以前から目を酷使することで近眼になると言われてきました。
実際、学力の高い人(本を読む時間の多い人)ほど、視力が悪くなる傾向がありました。しかしながら、2000年代初頭に実際に調べてみたところ、本を読むなどの行動は大きな要因ではないということが明らかになってきました。代わりに、2007年に外ですごす時間が多い人は、本を読む時間などに関係なく視力が落ちないという結果が出てきました。さらに、鶏やサルに生まれてからずっと目に入ってくる光を制限し続けたところ近眼になったことから、光が重要なのではないかと考えられ始めています。実際、子供に外で過ごす時間を増やすようにすると、近眼になる人が少なくなるそうです。まだ具体的なメカニズムは不明ですが、強い光を目が受け取ると、網膜ドーパミンがつくられ、それが眼球の計上に関わるのではといわれているそうです。

不明な点は多いですが、もしこれが事実なら外などの強い光の下でならどんなライフスタイルであっても近視にならないということになります。常識が覆されそうです。近視は不便なだけでなく、ひどい場合は緑内障や網膜剥離の原因になることもあります。決してなめてはいけない病気です。

元の記事
The myopia boom
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。