スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンの転移を支えている酵素

現在日本で一番多い死因はガンなんだそうです。早期であれば治る場合もあるものの、ガンが転移しだすとなかなか難しいそうです。ではこの転移というのはどのようにして起こるのでしょうか。今回、ガンの転移を支えている酵素が特定されました。

今回見つかった酵素の名前はMemo。Memoをノックダウンすると、wound closure assay(特定の領域だけ細胞がいない状況になるように培養し、一定時間後にどのくらい細胞がいなかった部分に細胞が移動したかを計測する実験)やinvasion assay(培養皿を二層にし、上層と仮想の間にマトリゲルと薄く、小さい穴の開いた膜を置いておき、上層にいた細胞がどのくらい下層へ通り抜けていくかを調べる実験)で細胞の運動性がなくなることが判明。次に今回使った細胞をマウスの体内に注入して、in vivoでも運動性に変化があるかを調べた。ノックダウンの有無にかかわらず増殖はするものの、細胞の運動性はノックダウンにより落ちていた。さらにノックダウンしている細胞でMemoを発現させ(ノックダウンのターゲットにならない。多分イントロンやUTRをノックダウンのターゲットだと思う)、in vivoで運動性を調べると運動性が戻っており、Memoが運動性、転移に重要であることが確かめられた。さらにMemoの生化学的な性質を調べていくと、銅イオンと結合し、酸化反応を引き起こしていることが判明。Memoが銅を必要とすることから、銅をキレートする物質をin vitroで加えた。すると、細胞の運動性は減少していた。さらにMemoのノックダウンで細胞内の酸化還元状態に変化が起きていて、MemoはNOX1による活性酸素O2-の生産に必要であった。実際に患者の乳がんの細胞を調べてみると、転移しやすい乳がんほどMemoが多いという結果になりました。

ちょっと長くややこしいですが、Memoが転移に使われているという話でした。Memoは転移するガンのマーカーとして使えるでしょうし、Memoを阻害して転移を防げるようになると、患者にとっては再発のリスクや転移の心配が減り、負担は減るのではないでしょうか。最近、ガン幹細胞がいるとかいないとかっていう話ですが、ガン幹細胞(存在するとして)でもMemoは発現しているのでしょうか?

元の論文
Memo Is a Copper-Dependent Redox Protein with an Essential Role in Migration and Metastasis
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。