スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯は幹細胞の工場だった!

情報元
Unexpected stem cell factories found inside teeth

今週驚くような報告がされました。なんとマウスの歯の中で神経細胞が間葉系幹細胞にリプログラミングされていたというのです。

人に限らず、多細胞生物の生命はたった一つの細胞から始まります。その細胞はどんな種類の細胞にもなれる力を有していますが、増殖・成長していくにしたがって、徐々なることができる細胞が限定され、運命が決まっていきます。細胞の運命が決まり、他の細胞種に変わることを分化と言います。一度運命が決まってしまうと、その運命を覆すことは簡単ではありません。植物では比較的簡単に決まってしまった運命を変えられますが、ヒトではなかなか難しい。iPS細胞はそのような分化してしまった細胞の種類を変えたというものでした(存在するかは別ですが、STAP細胞もです)。これまでiPS細胞のように人為的に運命の決まってしまった細胞を決まっていない状態にすることはできるものの、体の中でそのようなことは起きないと考えられてきました。

歯の中にはtooth pulpと呼ばれる、間葉系幹細胞が集まっているところがあります。間葉系幹細胞は骨や軟骨、歯などになることはできますが、神経や皮膚といった細胞にはなれません。しかし、この幹細胞がどこからやってくるのか不明でした。今回の著者らは口の中にいるグリア細胞という神経細胞の周りいる、ニューロンを支える細胞について研究していました。ここの神経細胞は歯の痛みを脳に伝えています。今回はグリア細胞を蛍光標識して時間と共にどのように動くかを調べました。すると、歯茎にいたグリア細胞の一部が歯の内部に移動し、グリア細胞が間葉系幹細胞に変化したのです。その後、その細胞は最終的に歯になっていったそうです。

今のところどの様にしてグリア細胞が間葉系幹細胞になったかは不明です。今回のようなことが仮にin vitroでも再現できれば、組織の再生、再生医療に重要な役割を担うようになるでしょう。私は幹細胞は専門外で詳しくはありませんが、歯はレーザーで歯が再生できたりするそうなので、歯の中は幹細胞を作りやすいニッチになっているのでしょう。今後注目の研究ですね。
sn-teethH.jpg
(歯の中でグリア細胞が間葉系幹細胞になっていた。画像は情報元の記事より。)
元の論文
Glial origin of mesenchymal stem cells in a tooth model system
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。