スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精子は協力して競争している

人間生きていると様々な場面で競争します。勉強然り、仕事然り。他との競争なしに生きていくことは難しいでしょう。それは私たちが生まれる前、精子の時もそうです。何億という数の精子がたった一つの卵子をめぐる競争の果てに今の私たちがあるのです。精子がこの競争に勝つには、スピードだけでなく、いかに卵子の方向へ正しく移動できるかが重要になります。今回、精子は単独でいるよりも、ある程度グループでいた方が正しい方向へ移動できることが分かりました。

今回はげっ歯類の精子の動きを顕微鏡下で観察し、その動きを数学的モデルで解析しました。精子を単独~小規模なグループ、多数の精子が存在する大きなグループ、その中間(精子が6~7個)に分けて調べていきました。グループのサイズは小さすぎても、大きすぎても良くなくて、6~7個の精子のグループがスピード自体は変わらないものの、正しい方向へ向かうことですばやく移動できました。さらに生物種ごとに見ていくと、シカネズミの精子は近縁のハイイロシロアシマウスと比べて、精子の形状は似ているものの、動きが早く、適切なサイズのグループを作りやすいということがわかりました。ハイイロシロアシマウスは 一雌一雄で、シカネズミはそうではないので、シカネズミの精子のほうが他の個体との競合もあるので、より激しい競争を勝ち抜くために適切なサイズのグループを作るように進化したのでは?とのこと。

なぜ6~7個の精子のグループだと適切な方向にいけるようになるのかは不明です。本来なら同じグループ内の精子も競合相手ですが、敵の敵は見方ということなのでしょうか。そして、私たちの社会で見られるグループのサイズも競争を勝ち抜くには適切なサイズというのがあるのでしょうか。そしてそのサイズは6~7人くらいのグループなのでしょうか。

元の論文
The dynamics of sperm cooperation in a competitive environment
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。