スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供に抗生物質を与えると肥満になる

肥満は心臓や内臓、血管に負担がかかり、様々な病気のリスクを高める、無視できない病気に先進国ではなっています。人によって太りやすい、太りにくいという体質がありますが、これは遺伝によるもの、腸内細菌によるもの、食事によるものなど多様な要因があると考えられています。今回、マウスで幼少期の抗生物質の投与が腸内細菌叢を変え、肥満になりやすくなることが明らかになりました。

今回の実験ではマウスに生まれてから4-8週間の間、少量のペニシリンを投与しました。これによりペニシリンを投与したマウスでは乳酸菌などの有益と考えられる細菌が腸内から減っていました。その後2週間程度すると、腸内細菌叢は元に戻っていました。しかし、高脂肪食を投与すると、ペニシリンを投与されたことがあるマウスは異常ともいえるほどのスピードで太っていきました。特にメスのマウスではその影響が色濃く出ていました。ちなみに抗生物質を与えられたことのないマウスでは2倍量の高脂肪食を与えてもさほど体重の増加は見られませんでした。子供の時に抗生物質を投与されても普通の食事を与えられたときや大人になってから抗生物質を投与された場合も体重の増加は認められませんでした。ただ、これだけでは腸内細菌叢が原因ではなく、抗生物質により代謝系に異常が起きたとも考えられます。そこで、幼少期に抗生物質を投与されたマウスの腸内細菌を他の、抗生物質を投与されたことのないマウスに移植しました。すると、高脂肪食で体重の増加が見られ、腸内細菌が原因であるということが示されました。

重要なポイントとして、抗生物質の量が少なくても細菌叢をが変わってしまうという点です。腸内細菌叢は太りやすさ以外にも、免疫系にも重要な役割を担っています。幼少期に抗生物質を投与したことによって、いわゆる免疫力の低い体になってしまう可能性もあります。実際、1歳の時に抗生物質を投与されたことがある子供はぜんそくになりやすいというデータがあります。子供の将来のことを考えると、病気になってもいたずらに抗生物質を使うべきではないと言えます。(もちろん使うなと言っているわけではありません。)

元の論文
Altering the Intestinal Microbiota during a Critical Developmental Window Has Lasting Metabolic Consequences
スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。