スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギーを防ぐ細菌が判明

情報元
A gut microbe that stops food allergies

食べ物のアレルギーを持つ人は年々増加しているといいます。その原因は幾つかあると考えられていると思われていますが、その内の重要なものが抗生物質と腸内細菌の関係です。昔に比べて、現代人は抗生物質を多用するようになりました。腸内細菌は免疫機構を形成する重要なものですが、子供の頃の、腸内細菌叢が十分に形成されていない時に大量の抗生物質を投与するとその構成が変化してしまいます。それにより免疫系に変化が生じ、アレルギーが引き起こされるのではないかと言われていました。しかし、どの細菌が重要なのかは不明でした。今回その細菌が特定されました。

今回の実験では子供の頃に抗生物質を与えてピーナッツアレルギーを発症するようになったマウスをモデルとして扱いました。原因となるのはクロストリジウム属の細菌で、人を含め一般に哺乳類の腸内に見つかる細菌です。アレルギーマウスにこの細菌を移植するとアレルギー症状が消えたそうです。一方で他の腸内細菌であるバクテロイデス属の細菌ではこのような症状は見られなかったそうです。著者らはそのメカニズムにも少し触れていて、クロストリジウム属の細菌がアレルゲンへの上皮での透過性を調整しているそうです。

全てのアレルギーがなくせるかは不明ですが、重要な発見だと思います。先日も紹介しましたが、子供の時の抗生物質の投与で肥満になりやすくなるなど、ネガティブな影響が多いので、不用意に子供に抗生物質は投与しないほうがよさそうです。

元の論文
Commensal bacteria protect against food allergen sensitization
スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。