スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェームス・ワトソンのノーベル賞が410万ドルで落札

今日は堅苦しい話ではなく、軽ーい話を。

生物学の分野では20世紀最大の発見と呼ばれるDNAの二重らせんの構造の解明。この発見者の一人ジェームス・ワトソンがノーベル賞をオークションに出していたのですが、それが410万ドル(約4億9千万円)で落札されたそうです。ちなみに今は亡きフランシス・クリックのノーベル賞も昨年オークションに出され、227万ドルで落札されています。これにてワトソンは存命中にノーベル賞を売った初めての人になりました。

ワトソンはメダルを売った理由はお金のためで、大学に寄付するか、デイヴィッド・ホックニー(芸術家の名前)の絵を買うと語っているそうです。ワトソンは失言が多いことでも有名で、過去に人種差別を思わせることを話して批判されたりなんかしています。

口は災いのもとだよ、ワトソン君。

情報元
James Watson Throws a Fit
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。