スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体外受精による代謝の変化

不妊治療の一環としてよく行われる体外受精。晩婚化が進んでいることもあり、その患者は年々増えています。問題なく発生・成長は出来ますが、自然妊娠によるものとは受精直後から周りの環境が違っています。この影響が後々まで影響するかは不明でした。今回、それを調べるための実験が行われました。

表現型としては体外受精の場合、自然妊娠の場合と比較してメスのマウスではインスリン抵抗性(インスリンがしっかりと働かず、血糖値が高くなる)があり、両方の性別で、遺伝子発現が変動することが知られていました。今回はその長期的な影響について調べるため、青年期のマウスの肝臓し、筋肉、脂肪、すい臓での代謝産物の変動を調べました。体外受精グループ特異的な変化というものは無いものの、体外受精グループと自然妊娠グループで各組織での代謝の変化は見られました。例えば体外受精グループの脂肪組織では酸化ストレスのサインが見られるなどです。

この結果がそのまま人にも適用できるわけではありません。受精時の環境の変化により、インスリン抵抗性の変化などにつながって、大人になってもずっと続いているということは、エピゲノムなどの変化が起き、それが伝わっている可能性が考えられます。こんな初期からエピゲノムは影響を受けているとは意外にセンシティブですね。雌雄で差が出るのも興味深いところ。Y染色体のエピゲノムへの影響のせいなのでしょうか。

元の論文
Sexually Dimorphic Effect of In Vitro Fertilization (IVF) on Adult Mouse Fat and Liver Metabolomes
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。