スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物用スマートタグ

情報元
Watch: Smart Tags Alert You to Rotten Food

食べ物を腐らせてしまった経験は皆さんも一度はあるかと思います。悪臭がしていやですね。今回中国のグループが時間と温度によって変化するnanorodというものを開発しました。このnanorodは新しいものなら赤いのですが、時間と温度によってオレンジ、黄色と変化していき、最終的には緑になるというものです。これはバクテリアの成長に合わせて作っており、明けなくても色でバクテリアの量がわかり、食べれるレベルかどうかを判別できるというもののようです。これを開発したのが中国というのがおもしろい。やっぱり中国に住んでいる人も中国産の食品を信用していないのか?



元の論文
Time–Temperature Indicator for Perishable Products Based on Kinetically Programmable Ag Overgrowth on Au Nanorods
ACS Nano, 2013, 7 (5), pp 4561–4568
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。