スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミミウイルスの3Dイメージングに成功

知られているウイルスの中で、最も大きいウイルスの一つであるミミウイルスのX線イメージングに成功しました。

今回の実験では、サンプルを結晶化せずに、そのままX線レーザーを照射し、試料の回折光を検出するということを何回も繰り返し、3次元イメージの再構築をするというものです。ミミウイルスは他の方法でもっと高い分解能でのイメージングにも成功しており、今回の結果に生物学的な意義はあまりありません。しかし、この結果がもたらしたものは大きいです。X線レーザーは非常にエネルギーが強く、一回照射すればサンプルが壊れてしまいます。しかもX線は生体試料にあたっても散乱がほとんど起きません。そこでサンプルが崩壊する前にX線が通り過ぎるような超短パルス光をあて、その時に生じた回折光から像を回復させるという方法が提唱されていました。2Dではこれまでにも成功していたのですが、3Dの場合、特殊な試料でのみ可能な方法でした。今回の実験から、同一の構造を持った試料が手に入るなら、どんな試料でも3Dイメージングが可能であることを示しています。

今回の結果では空間分解能は125 nm程度で、さほど高くありません。タンパク質や生体物質の複合体の構造も調べることが可能であると考えられます。今後研究が進み、さらに大きいサンプルに対応し、分解能が上がれば細胞丸ごと原子レベルでのイメージングが可能になるのではないかという期待もできます。

元の論文
Three-Dimensional Reconstruction of the Giant Mimivirus Particle with an X-Ray Free-Electron Laser
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。