スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DNAのメチル化が男女の脳の差を決めている

以前、このブログで学位取得者に男女差があることに触れました。問題はなぜそのような違いが起きるかです。今回、生まれる前と後の間に、メスのラットの脳では正常な発生のために鍵となる雄性関連遺伝子のサイレンシング(遺伝子の発現抑制)を積極的に行っていることが明らかになりました。

脳の特定の領域、例えば視索前野(交尾行動のある側面を調節する脳領域)には、遺伝子発現等で雌雄差が大きいことがあります。胎児の発達段階で、精巣由来のホルモン(男性ホルモン)にさらされると、メスの脳であっても多数の雄性関連遺伝子が発現するなど脳には雄らしい特徴が誘導されます。これらの遺伝子が雄でのみ発現し、雌ではサイレンシングされる仕組みは不明でした。
今回、視索前野を観察し、雄性関連遺伝子のDNAメチル化により、雄性関連遺伝子のサイレンシングされていることが分かりました。DNAメチルトランスフェラーゼの阻害剤やコンディショナルノックアウトを行うと、雄のラットのような振る舞いをし、遺伝子発現も似ることが分かりました。

今回はラットの結果ですが、同じような制御が人でもあると予想されます。草食系男子なんて呼ばれる人がいますが、彼らは生まれるころに脳のDNAのメチル化が阻害されたのでしょうか。

元の論文
Brain feminization requires active repression of masculinization via DNA methylation
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。