スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAP現象が確認されたという記事について

すごい久しぶりの更新になります。今までサボってました。

なぜ久しぶり更新しようと思ったかというと、あまりにひどい記事があったから。
友人から、STAP現象が確認されたという記事が話題になっているということを聞き、それを見たのですが、とにかくひどかったです。(ちなみに見たのはBusiness JournalのSTAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる 文=大宅健一郎/ジャーナリストという記事です。)先に結論から言うと、論文の著者はSTAP現象を確認しているとは言えないし、実際そんなこと一言も言ってない。なのに日本語の記事を書いた人は著者の結論を曲げて、確認できたといっているのです。

本題に入る前にSTAPについて確認しましょう。ざっくりいうと、STAPは正常な体細胞を酸性条件で処理したら一部生き残る細胞がいて、その細胞はどんな細胞にでもなれる能力(多能性)を獲得していたというものです。

まずは著者はどんな実験をしたのかを見ていきましょう。論文はModified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-lymphocytesというものです。
著者らが言うには、jurkatという、白血病患者由来T細胞をpH3.3という酸性条件(元のSTAPの条件から少しだけ変えた条件)で処理したら大半はアポトーシスを引き起こし死んでしまったが、少し生き残った。酸性条件でふるいをかける過程ではOct4などの遺伝子の発現は見られなかったが、生き残った細胞を調べてみると、AP+の割合が増えた。ただし、ガン幹細胞や造血性幹細胞のマーカーも見られなかった。とのこと。

じゃあもう少し解説しましょう。まずこの論文で多能性を獲得したとする根拠は酸で処理した後生き残った細胞はAP+になったということだけ。APとはアルカリフォスファターゼという遺伝子のことで、この遺伝子を大量に作る細胞をAP+(alkaline phosphatase positive )と書いたりします。胚性幹細胞などの多能性をもつ細胞はAP+であるという特徴がよく知られていて、多能性マーカーの一つになっています。で、酸で処理した後生き残ったjurkatも幹細胞同様AP+となったとのこと。ここまでは良いです。ただし、AP+となるのは多能性マーカーの一つにすぎません。他のマーカー、例えばoct4とかの発現も確認されていません。しかもほかの細胞に分化できることを確認する実験を行っていないので、本当に多能性があるとは言えません。従ってSTAP現象が確認できたとは言えません。
ついでに言うと、今回は正常細胞ではなく、がん細胞を使っていて再生医療にとっての重要性はないです。逆に言うなら、がん幹細胞マーカー遺伝子の発現も発現してないので、酸で処理しても、正常細胞もがん細胞も幹細胞になることはできなかったとすらいえます。

まあ確かに著者たちもキャッチーな論文にしようとしたのか、STAPとかpuluripotencyというワードを使ったのは若干問題な感じはありますが。

関係ないけど記事の中で「常識を逸脱した禁じ手まで使って論文をなきものとして責任逃れをした理研や早稲田大学」とありました。常識を逸脱した禁じ手ってなんでしょうか?論文を撤回したこと?文章や画像の剽窃やら不適切な画像処理やらが満載な論文を撤回しないほうがどうかしています。理研は1000万円を超えるお金と約1年間の時間をかけて再現実験まで行っているのに、これ以上なにをすれば責任逃れをしていないとこの記事を書いた人は納得するのでしょうか。

7c14185ba4bdcb9eee726f2632d3356d.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。