スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時差ボケを防ぐアプリ「Entrain」

情報元
ScienceShot: Jet-Lagged? There’s an App for That

海外への出張や旅行の際に悩ましいのが時差ボケ。ねむくなったり、なんとなくだるいといった感じで心身がつらくなります。時差ボケが生じる原因は体内時計と実際の時間のずれによるものです。これを光を浴びて、徐々にずれを小さくしていくことで解消されていきます。

今回、数学者たちが体内時計の研究をし、時差ボケを最小限にとどめ、かつ最も効率良く解消する数学的モデルをまとめた論文を発表し、さらにそれをもとにアプリを作りました。このアプリはたとえば出発地と目的地を入力すると、何時に電気を消して何時に起きなさいということを教えてくれます。仮に夜に光を浴びなさいと言われた場合、電気の光でも良いようです。

今のところiPhone向けのアプリしかありませんが、アンドロイド向けのアプリも作成中だそうです。これから旅行や出張に行く人はぜひダウンロードしてみてください。今回の理論を応用すれば、時差ボケだけででなく、不規則な生活によって乱れたリズムを正すもっとも効率的な方法もわかるようになると思います。

Entrainのダウンロードはこちらから



元の論文
Optimal Schedules of Light Exposure for Rapidly Correcting Circadian Misalignment
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。