スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.3 カフェインで記憶力増強

今回の論文
Post-study caffeine administration enhances memory consolidation in humans
Daniel Borota, Elizabeth Murray, Gizem Keceli, Allen Chang, Joseph M Watabe, Maria Ly, John P Toscano & Michael A Yassa
Nature neuroscience  VOLUME 17 | NUMBER 2 | FEBRUARY 2014


簡単に言うと、
勉強した後にカフェインを取ると、記憶がしっかり定着しますという内容。

背景として、
これまで、実験前にカフェインを摂取すると認識能力を向上させるが、長期の記憶力にはほとんど影響がないといわれてきた。では後でカフェインをとるとどうなるかと思って実験してみた。メカニズムについては不明ですが、記憶の定着が良くなりました。受験生をはじめとして、覚えなければならないことがたくさんある人には朗報かも知れません。

具体的には、
何枚かの絵を被験者に見せ、その後200mg(ドリップコーヒー2杯分くらい)のカフェインを飲んでもらい、次の日に、昨日と同じ絵、全く違う絵、似ているけど違う絵を見せ、昨日見せたものか否かそれとも良く似た別物かを聞いたところ、良く似た別物の識別がしっかり出来るようになった。
さらに量を0, 100, 200, 300mgで比較したところ、200mg以上で記憶力が良くなっていた。

個人的には、
面白い実験だと思う。プラセボグループと比較して有意差はあるみたいだけど、劇的に効くというほどではなさそうなので、カフェインによる記憶力向上に過剰な期待はしないほうがよいかな。受験生は地道にがんばるべし。それが一番の近道です。
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。