スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女にモテモテになる簡単な方法、それは洞窟暮らし?

情報元
ScienceShot: Females Sport Penises in Genital-Swapped Insects

はじめに言わせてください。今回はに関する話ですが、ここはエロサイトではありません。純粋に面白い研究内容を伝えているだけです!fc2からエロサイト認定されないことを祈ります。

今回新種の生物がブラジルの洞窟で見つかりました。学名を Neotroglaという昆虫なのですが、なんとメスにペニス様のもの(gynosomeと命名)があり、オスに女器様のものがあるそうです。しかも合体している時間は最大70時間もと長く、長時間かけて精液をメスの体にgynosomeを介して送っています。しかも、かなり合体する力は非常に強いです。これはgynosomeにトゲ状のものがあるためで、無理やり引き剥がそうとしてお腹からちぎれていしまうほどだそうです。

ちなみにタツノオトシゴは男女の役割が逆転していて、オスの個体にカンガルーの袋のようなものがあり、この中で子供を育てます(産卵はメスがします)。今回はそれともまた違ったケースです。進化的な側面から見ると、通常オスは生殖子(つまり精子)をメスよりも多く作るため、多様を生み出すチャンスが増えるわけです。しかし今回のような栄養源の少ない洞窟の中ではメスのほうがオスをめぐって競争するため(精液を得るということは、栄養を得ること)、生殖器が逆転してしまったのだろうと、著者たちは考えているそうです。メスでも自分のペニスのサイズを気にしているかは分かりません。

つまりオスは言い寄られる側ということ。ハーレムじゃないか!うらやましい。他の生物でも自分のペニスのサイズって気にするのかな?

sn-sexreversal.jpg
(画像の引用元はここ。右側にいる、後ろ側にいるのがメス)


元の論文
Female Penis, Male Vagina, and Their Correlated Evolution in a Cave Insect
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。