スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騒がしい友達は携帯よりも危険

情報元
ScienceShot: Teen Drivers More Likely to Crash Due to Noisy Friends Than to Cellphones

日本では運転中の携帯電話の利用が禁止されて約十年がたちます。しかし、携帯よりももっと危険なのに規制されていないものがあることが分かりました。それは騒がしい友人たちです。

今回、アメリカの免許取立ての人たちに車載カメラをのせて半年間記録をとったそうです。結果、友人たちが大きな声で話していると、運転中の飲食などによって気をとられている場合よりも重大な事故につながるケースがが多いそうです。しかも、友人と悪ふざけをしながら運転していると携帯電話を使う場合の3倍以上危険になるそうです。

アメリカの一部の州では、免許取立ての人は同乗者に乗せてよいティーンの数に制限をかけているそうです。場合によっては携帯電話よりも危険な友人たちですが、皆さんは日本でも若葉マークのドライバーに同乗してよいティーンの数を制限したほうが良いと思いますか?

元の論文
Distracted Driver Behaviors and Distracting Conditions Among Adolescent Drivers: Findings From a Naturalistic Driving Study
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。