スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NASA、月に探査機をぶつける

情報元
Moon dust probe crashes

日本時間で18日の16時ごろ、探査機LADEEが予定通りに衝突し、大破しました。

LADEEはLunar Atmosphere and Dust Environment Explorerの頭文字から取られた名前で、の大気の構造や組成を調べ、の空へチリを飛ばしているかを調べることを目的として、NASAが昨年9に打ち上げた探査機です。もともと徐々に上空から軌道を下に近づけていっての表面からの距離とそこでの大気の組成を調べていました。つまり、はじめから最後は月にぶつける予定でした。そしていよいよ表面にぶつかる時が来て、先日それが確認されたそうです。ちなみにぶつける場所は宇宙船アポロが月に着陸した場所など、歴史的な場所を避けているそうです。

宇宙船アポロに乗っていた宇宙飛行士たちは、日の出前に月の地平線上に謎の光を目撃したそうです。巷ではUFOだという噂になっていますが、LADEEはこの光の謎を解くことも目的としていました。残念ながら原因は不明のままだそうです。もう一つ、LADEEは地球と宇宙空間でのレーザーによるブロードバンドコミュニケーションのテストも行っており、こちらは成功したそうです。

LADEEの衝突の数日前、赤い月が見られるということで空を見上げた方もたくさんいるのではないでしょうか。その数日後、知らないところで活躍していた小さな探査機がひっそりと最後を終えたというお話です。さようなら、LADEE。
あっ、今回論文じゃなかった。まあいずれ論文という形で詳細な結果が報告されるでしょう。

LADEEの写真はこちらのNASAのサイトで見れます。
スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。