スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人に優しくするとうつにならないらしい

情報元
Selfless Deeds Guard Against Depression

皆さんはどんなときに喜びを感じますか?親切をして感謝されたときやお金をもらったときなど様々な状況で喜びを感じることがあるでしょう。こういった喜びには2パターンあって、親切をした時のように、他人のための喜びを感じる喜びと、お金をもらったときのように自分のための喜びがあります(難しく言うとeudaimoniaとhedonia)。利他的な喜び、利己的な喜びと読んでも良いかもしれません。人間、利他的に生きたいと思っていても、利己的になってしまうものです。

では、このような喜びは脳にどの様な影響を与えるのでしょうか。脳には線条体といううつとの関わりが深い場所なのがあります。今回、分かったこととしては利他的な喜びを得ると、線条体の活性の仕方が抑うつ的な症状は出にくく、逆に利己的な喜びを得るとは出やすくなったそうです。

確かに利己的な喜びばっかり感じていると、社会的に悪者になった気分になって自己嫌悪に陥りそう。

元の論文
Neural sensitivity to eudaimonic and hedonic rewards differentially predict adolescent depressive symptoms over time
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。