スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の匂いが痛み止めになっている

情報元
Male Scent May Compromise Biomedical Research

今回、想像もしない報告がされました。マウスなどの様々な実験動物において男の人の匂いを嗅ぐと、痛みを与えても、動物たちは痛みを感じにくくなるという話です。

情報元によると著者たちは昔から痛みに関する研究をしていて、ヒトがいる時といない時ではマウスの反応が違うようだと感じていたそうです。そこで、ザイモサンAという、好中球などのターゲットとなり、炎症を引き起こす物質をマウスの足に投与しました。その後、顔の表情から痛みを調べました。(この評価方法はあまり一般的ではなく、このグループが作った評価方法です。)その結果、男の人が近くにいるときは人がいない、あるいは女がいる時よりも平均して36%ほどスコアが低かったそうです。ちなみにオスのマウスもメスのマウスも男の人の匂いで痛みを感じなくなっていましたが、メスのマウスのほうがやや匂い効果が高かったそうです。
さらにこの原因が男の人の姿のせいなのか、匂いによるものかを調べるために、男の人あるいは女の人が着ていたTシャツをマウスの近くにおいてみたそうです。すると、同様に男の人のTシャツでスコアが低くなり、匂いによって痛みを感じなくなったていたそうです。(ただし、ホルマリンテストでは姿もあったほうが効果的だったみたい)
どの化学物質が原因なのか調べるため、女の人よりも男の人で脇から放出される量が多い揮発の酸、およびステロイド系の物質(3-methyl-2-hexanoic acid, androstenone, androstadienoneの3種類)の匂いをかがせたところ、痛みを止める効果が見られた。これらの物質は他の哺乳類のオスでも見られることから、他の生物のオスの匂いをかがせても、やはり痛みのスコアが低くなっていたそうです。
次に、痛みを本当に感じなくなったのか、それとも痛いけどそれを表情に出していないだけなのかを調べました。可能としてはストレスにより、痛みの感覚がなくなることがしられている。そこで、ストレスマーカーであるコルチコステロンの濃度を調べると、男の匂いを嗅いだ時に高くなっており、ストレスにより無痛に状態になっているとのこと。そのほかのマーカーもこの仮説を支持していた。

というわけで、男の人の匂いで痛みの感じ方がやわらぐという話でした。痛みを与える実験を男の人がやった場合と女の人がやった場合も差があったそうで、本当ならこれまでの動物実験のすべてを否定しかねない結果でした。個人的には信じられない部分もちょっとあるのですが、皆さんはどうですか?

元の論文
Olfactory exposure to males, including men, causes stress and related analgesia in rodents
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。