スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MERSの感染を防ぐ抗体が作製された

最近、中東でみられるMERSがアメリカで初めて確認されたという報道がありました。2003年ごろ話題になったSARS同様、MARSは新型のコロナウイルスが原因で、2〜15日の潜伏期を経て、重症の肺炎、下痢、腎障害等になり、死に至る場合もあります。現在のところ治療薬やワクチンもなく、予防と自分の免疫力を頼るしかないというのが現状です。

今回、MERSの感染を防ぐ効果のある抗体の作製に成功しました。MERSは人のDPP4という受容体を認識する糖たんぱく質を持っており、このたんぱく質の受容体との結合ドメインを認識する抗体を作製しました。今回はMERS-4、MERS-27と名付けられたモノクロ抗体の2種類を作製しました。いずれも認識部位は結合ドメイン内の別の部位になっていて、両方を一緒に使うと、非常にMERSの感染を防ぐ能力が高かったそうです。

今回は抗体による感染予防に成功しました。抗体の場合、予防薬とするにはコストがかかりすぎて現場で使うことは難しいかもしれません。MERSコロナウイルスを扱う人(研究者とかMERSの治療を行う医師とか)向けでもいいから頑張って実用化できるといいですね。

元の論文
Potent Neutralization of MERS-CoV by Human Neutralizing Monoclonal Antibodies to the Viral Spike Glycoprotein
スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。