スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガン免疫療法でTCRのレパートリーが増える

みなさんは免疫療法ってご存知ですか?簡単に言うと体の免疫機能を活性化させて病気と闘わせるという治療方法です。昔からそのような考えはあり、ガンの免疫療法がよく話題に出ます。ただ、今のところ民間療法(病院がやる治療法ではない)の一種で、これを食べれば免疫力が上がるとか謳っているあやしいものが多いです。しかし、最近怪しくない、ちゃんとガンの治療ができる方法が出来上がってきているのです。もともとヒトの体にはガンを異物として認識し、排除しようとする力は備わっています。しかし、ガン化していても元は自分の細胞なわけで、免疫機構のブレーキ役の細胞(制御性T細胞)がその力を弱めてしまいます。そこで近年、制御性T細胞の表面にあるCTLA-4またはPD-1というタンパク質を抗体でブロックし、ガンに対する攻撃力を最大限にしようという研究がすすんでおり、臨床試験でもすでに末期という状態のガン細胞が縮んでいくなど良い結果がえられているそうです。もちろんあまり予後が良くない人もいますし、不思議なことに腫瘍が縮む前に一度肥大化する現象がみられたり、治療を途中で止めてもガンの縮小が続くなど、体内で何が起きているか未知な部分が多いです。今回、そのメカニズムを解明するうえで興味深いことが明らかになりました。

CTLA-4抗体による治療を行った患者の血液からTCRの種類を調べました。 TCRとはT細胞受容体のことで、特定の抗原を認識するための遺伝子です。この遺伝子の配列が再構成されることにより抗原を認識できます。TCRの配列のレパートリーが増えていおり、治療を続けると数か月後でも増え続けることが明らかになりました。ただ、レパートリーが増えれば予後がよくなるというわけではなく、ある一定値くらいの多様性を維持している人が予後が良好で、逆に多すぎた人はその後長く生きることができませんでした。

免疫療法が効く、効かないというのはTCRの多様性とその維持にかかっているらしいということがわかってきました。ただ、どうしてそのような個人差ができるのか、どうすればその差をなくせるのかは不明です。今回はCTLA-4抗体による治療の結果ですが、PD-1抗体でも同様なことが起きている可能性があります。また抗体による治療は非常にお金がかかる(ちゃんとやるには12万ドル、1200万円くらいかかるらしい)ため、化合物によるCTLA-4やPD-1の阻害ができるといいですね。

元の論文
Improved Survival with T Cell Clonotype Stability After Anti–CTLA-4 Treatment in Cancer Patients
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。