スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝る子はできる子

情報元
Memories—getting wired during sleep

昨日に引き続き、記憶に関する話です。以前から睡眠が記憶を助けており、睡眠をとらないと通常の学習だけでなく、技能の学習にも影響するといわれていました。昨日も紹介したように、記憶にはシナプス間のつながりが強くなることが重要になります。しかし、これまで睡眠を取ることでシナプス間のつながりが弱まっていることが報告され、一方でノンレム睡眠で脳の電気活性が増えるという報告もあり、実際のところメカニズムは不明でした。

今回はマウスの脳の運動野に蛍光タンパク質を発現させ、頭蓋骨に小さい穴をあけて生きたまま脳細胞の活性を調べました。このマウスを回る丸太の上に乗せ、落ちないようにする技術を習得させます。このような実験をすると運動野で新しい樹状突起スパイン(こぶみたいなもの)が形成されることが知られています。今回はそれが特定の樹状突起でのみ起こることが判明しました。同じニューロンでも一方は樹状突起スパインが形成され、もう一方ではされないということです。そこからさらに難しい技術(後ろ向きに走らせるなど)を習得させると、それまでは新しいスパインが形成されなかったほうの樹状突起で形成されており、違うスキルには違う樹状突起に依存するようだということがわかりました。次に睡眠の影響を調べました。このトレーニングの直後に睡眠をとる場合ととらない場合を比較すると、睡眠をとらないほうは新しいスパインが減っていました。これもスパインを形成しやい樹状突起でのことです。また、一度スパインが形成されると、睡眠をとらせなくても、消えはしませんでした。

今回の研究は昨日と違うところを見ています。もし習得したい技能があるならちゃんと寝ることも大切です。寝ないと、忘れはしないけど覚えが悪くなってしまうという話でした。

元の論文
Sleep promotes branch-specific formation of dendritic spines after learning
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。