スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動すると腸内細菌にも良いらしい

情報元
Exercise is good for your gut bacteria, too

これまでに何度か腸内細菌について述べてきました。どんな腸内細菌がいるかは免疫系と深く関わっており、健康のためには重要なポイントです。ただ、問題はどうやったらそれをコントロールできるかです。

今回の実験ではプロラグビー選手と普通のそれほど運動をしていない人を比較しました。プロのラグビー選手ですから、当然運動量も多いし、食事も普通の人とは異なっています。両者を比較すると、プロラグビー選手は腸内細菌の多様性が増しており、特に健康に重要な最近が増えていました。また、その多様性はタンパク質の消費やクレアチンキナーゼと相関が見られました。

走ると肥満、糖尿病予防になるのはもちろん脳で神経細胞が増えることが知られていました。さらに腸内細菌叢にも良いということで、運動をしない理由はますますなくなっていきます。そうなるとどうやったら運動をする習慣が身に付くかが重要ですが、それが簡単ではないから困る。

元の論文
Exercise and associated dietary extremes impact on gut microbial diversity
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。